ページTOPへ

5つの力
5つの力

 

5つの力

5つの力とは「業界内で影響を与える要因を分析するためのフレームワーク」です。

 

マイケル・ポーターにより提唱された理論です。「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」「競合他社」「新規参入の脅威」「代替品の脅威」の5つの視点でその業界を分析していきます。

 

5つの力

 

図で表現すると上記のようにその業界を取り巻く環境が分かります。

 

次に、5つの力のそれぞれの要因を詳細に見ていきます。

 

@買い手の交渉力
競争力のない商品であれば、買い手(顧客)の交渉力は高まります。また、顧客が大きな購買力を持っている場合も買い手の交渉力が高くなります。

 

買い手の交渉力が高くなるということは、値下げ要請や品質、サービス向上の要請を受けることとなり、収益性の良くないビジネスになる可能性が高くなります。

 

A売り手の交渉力
売り手(サプライヤ)が特許で守られているような独自技術を保有していたり、高い品質保証力などを持っているなどで競合がいない場合、売り手の交渉力は高まります。

 

売り手の交渉力が高くなると、購入品のコストが高くなり、原価率の低下につながります。商品の値上げができなければ、当然収益性を圧迫していきます。

 

B競合他社
競合他社との競争が激しければ、コストや品質の競争となり収益率を圧迫していきます。

 

牛丼チェーンの値下げ競争を見れば分かるように、血みどろの競争の先には勝者は存在しません。

 

固定費が高いビジネスや商品価値で差別化しにくい業界は競争が激しくなる傾向にあります。

 

C新規参入の脅威
新規参入が増えるということは、Bでみた競合他社が増えるということにつながります。既存事業者の収益率低下を招く可能性が高くなります。

 

大きな投資が必要である、いくつかの特殊な技術が必要である、などの参入障壁があるかどうかが新規参入の脅威を測定する上で重要になります。

 

D代替品の脅威
代替品が生まれると既存製品は駆逐されてしまいます。そういった意味でこの脅威は一番危険と言えます。

 

携帯電話がスマホに置き換わった事例やレンタルCD屋がipodに置き換わった事例など、どんなに盤石な経営基盤を築いていても、代替品というイノベーションが起きると、逆に既存ビジネスは新しい流れに乗るのに足かせにしかなりません。

 

最近の事例で言えば、任天堂が家庭用ゲーム機にこだわって、スマホゲームに乗り遅れていたのもこれに該当します。

 

5つの力による業界分析はあくまで業界を客観的にみているフレームワークであると理解する必要があります。

 

多角化することでリスクを分散させる必要があるのか、その業界で差別化を進め競争優位性を高めていくためにリソースを最大限活用すべきなのかなど、大きな指針を決める上で有効な分析です。

 

また、来るべき代替品の脅威に対して、どのような先行投資をする必要があるのかを考えるヒントにもなります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
経営戦略とは 3つの基本戦略 成長マトリックス デルタモデル