ページTOPへ

GEの経営戦略
GEの経営戦略

GEの経営戦略

GEのビジネスモデル分類

ポーターの3つの基本戦略
・集中戦略

 

アンゾフの成長マトリックス
・製品開発戦略
・多角化戦略

 

デルタモデル
・ベスト・プロダクト
・カスタマー・ソリューション

GEのビジネスモデル分析

@集中戦略、多角化戦略
GEを語る上で、代名詞となっている戦略がナンバーワンツー戦略です。これは世界で1位か2位になれない事業からは撤退するという戦略です。

 

以前のGEは様々な事業に参入しており、必ずしもどの事業でも上手くいっているわけではありませんでした。

 

そこで、家電や放送事業といった3位以下の事業からは撤退して、航空エンジンや医療機器といった業界トップの事業のみに経営資源を集中させていきました。

 

これは、トップを取れる業界であれば、M&Aを駆使して進んで多角化していく戦略でもあり、実際に製造業発祥のGEは金融業界やIT業界へも多角化し世界的コングロマリット企業となっています。

 

業界トップもしくは狙うことができる事業に進出していく「多角化戦略」、そこで経営資源を投入し地位を確立していく「集中戦略」を合わせたような戦略です。

 

この戦略は、日立やソニーなど日本の一流企業が経営不振から事業再編を進めていく中でもお手本とされています。

 

Aベスト・プロダクツ
GEの強みは徹底した経営管理による収益の最大化です。

 

シックス・シグマと言われる経営管理指標を導入して、品質管理を徹底しています。

 

また、ダウンサイジングやリストラを進めて、原価を下げる活動も行われます。これは、冷酷に社員を切り捨てることもあるため、日本企業にはなじまない戦略です。

 

ただし、上述したナンバーワンツー戦略を支えているのは、こうした底力であり、進出した事業で収益体質を強化するシステムが確率されている点は非常に参考になります。

 

B製品開発戦略、カスタマー・ソリューション
GEは地域への権限委譲が高い企業として知られています。

 

GEがこれだけの規模で高い収益率を維持する秘密は、その市場にあった戦略を素早く取っていけることにあります。

 

現地主体でニーズに合った商品開発を進め、マーケティングまで手掛けることで、顧客に寄り添ったサービスを実現しています。

 

また、現地発の商品をリバースイノベーションとして世界へ発信することで、GEの高い競争力となります。

 

グローバル企業が目指すべき戦略と言えます。

総評

GEと言えば、20世紀最高の経営者であるジャック・ウェルチです。

 

彼が進めた戦略が、今のGEを作っていると言えます。

 

・グローバルでのM&A推進
・ナンバーワンツー戦略による事業再編手法の確立
・シックスシグマやダウンサイジングによる品質管理と収益管理の徹底

 

多くの企業が手本とする戦略を複合的に採用することで、圧倒的な地位を築いてきました。

 

それだけに、GEの経営戦略を学ぶことは非常に有益なのです。

リンク集

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
経営戦略とは 3つの基本戦略 成長マトリックス デルタモデル