ページTOPへ

経営戦略とは
経営戦略とは

 

経営戦略とは

経営戦略とは「組織の中で持つ、中長期的な方針のこと」です。

 

経営戦略という言葉は様々な意味を持ち、会社の事業方針でもあり、個々の事業計画を指す場合もあります。

 

この言葉は非常に広義であり、その使われ方によって意味が変わってきます。大きく4つの戦略に分けることができます。

 

 

@企業戦略
企業として何を成し遂げたいかを定義します。経営ビジョンや経営方針などがそれにあたります。
多角経営であれば、その中でもどの分野に、リソースを注ぐのか等、事業間を超えた全体の戦略立案となります。

 

A事業戦略
事業ごとの戦略となります。ターゲットを定義するための市場、顧客戦略や顧客ニーズ明確化して商品戦略を立案します。
企業戦略よりはよりミクロな視点で、具体的な戦略となります。

 

B機能別戦略
事業を展開するために必要な戦略を機能ごとに定義します。
技術戦略、営業戦略、マーケティング戦略など、実際に何をするかに着眼します。

 

Cその他戦略
人事や財務、情報システムなど本社機能の経営戦略です。
企業戦略、事業戦略、機能別戦略を支援していくような戦略になることが求められます。

経営戦略の意義

このように経営戦略の内容を整理すると、その重要性は何となく分かるかと思います。

 

仮に、企業の柱となる理念や目的が具体的でなければ、社員が好き勝手やり出します。

 

もちろん、社員達は自分が思う最善を尽くしていますが、統率の取れていない企業はロスが頻発します。

 

実例を挙げると、ソニーでは3つの異なる部署がそれぞれMDウォークマン、CDウォークマン、メモリーウォークマンを出して、同じ会社でシェアを奪い合うということがありました。(詳しくはこちら

 

ソニーほどの企業であれば、経営戦略が無かったわけではありませんが、企業としてどこに進めばよいのか方針がはっきりしていなかったのは間違いありません。

 

やはり、まず企業が進むべきビジョンを定めて、それを社員一丸をなって達成するために個々の事業戦略を練ります。

 

ここまで出来て、マーケティングやら技術開発やらに取り掛かることができるのです。

 

成功する企業は明快な経営戦略を持っています。経営戦略さえ持っていれば成功できるわけではありませんが、経営戦略の無い企業は成功できないということです。

 

何事も基本が大事で、企業経営を支える基盤こそが経営戦略であると思います。

 

ドメインの定義 企業戦略を立案する上でドメインの定義は非常に重要です。どの分野で戦うのか決めなければ、他の戦略もぶれてしまい一貫性のある戦略立案は難しくなってしまいます。
SWOT分析 経営戦略を立案する上で道しるべになるのがSWOT分析です。自身の強みや環境などを客観的に分析することで、最適な戦略を立案しやすくなります。経営戦略を語る上で基本事項なので、押さえておきましょう。
5つの力 5つの力はその企業が属す業界を分析する上で必要となる考え方です。経営環境と言っても様々な要因があり、それを体系的に分類しています。自身が属する業界を客観的に分析するために広く用いられています。
スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
経営戦略とは 3つの基本戦略 成長マトリックス デルタモデル