経営戦略とは

 

経営戦略とは

経営戦略とは「組織の中で持つ、中長期的な方針のこと」です。

 

経営戦略という言葉は様々な意味を持ち、会社の事業方針でもあり、個々の事業計画を指す場合もあります。

 

この言葉は非常に広義であり、その使われ方によって意味が変わってきます。大きく4つの戦略に分けることができます。

 

 

@企業戦略
企業として何を成し遂げたいかを定義します。経営ビジョンや経営方針などがそれにあたります。
多角経営であれば、その中でもどの分野に、リソースを注ぐのか等、事業間を超えた全体の戦略立案となります。

 

A事業戦略
事業ごとの戦略となります。ターゲットを定義するための市場、顧客戦略や顧客ニーズ明確化して商品戦略を立案します。
企業戦略よりはよりミクロな視点で、具体的な戦略となります。

 

B機能別戦略
事業を展開するために必要な戦略を機能ごとに定義します。
技術戦略、営業戦略、マーケティング戦略など、実際に何をするかに着眼します。

 

Cその他戦略
人事や財務、情報システムなど本社機能の経営戦略です。
企業戦略、事業戦略、機能別戦略を支援していくような戦略になることが求められます。

経営戦略を策定していく流れ

戦略策定は大枠を決めていき、徐々に具体的なビジョンにしていく必要があります。

 

まずは、経営の柱となる理念や目的などを決めていきます。

 

何をやりたいのか、将来どうなりたいのか等です。

 

これから決める細かな経営戦略策定全てにおいて指針となるので、時間をかけてきちんと考えていきます。

 

その次に、強みや弱みを分析する、SWOT分析、ドメインの定義などをしていきます。

 

これらの話は、別ページで一つずつ解説していきますので、そちらをご覧下さい。

スポンサードリンク

用語集

リンク集

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 経営戦略とは