ページTOPへ

ポーターの3つの基本戦略
ポーターの3つの基本戦略

 

ポーターの3つの基本戦略とは?

マイケル・ポーターが提唱した基本戦略類型であり、ターゲットの幅と競争要因を軸に分類していきます。

 

ポーターの3つの経営戦略

 

ターゲットは、市場全体をみるか、特定セグメントをみるかによって区別します。

 

また、競争要因は他社よりコスト面で優位にたつか、それともコスト以外のところで訴求するかで区別します。コスト以外の具体例としては、ブランド力やアフターサービスなどが挙げられます。

 

コストリーダーシップ戦略

コストリーダーシップ戦略とは「業界水準より安いコストを実現することで、他社に対して優位性を保つ戦略のこと」です。

 

この戦略を支える根幹となるのが、規模の経済と経験曲線です。

 

規模の経済とは「大量生産によって1個あたりのコストが下がるという考え方」です。

 

 

企業の収益構造は、一般的に変動しない固定費と変動する変動費に分けることができます。

 

規模の経済を単純化するとこの固定費分が生産量を増やしても変わらないためにメリットが出るという考え方です。

 

・建屋、敷地、設備などの有効利用
・人の最適化、専門化
・1個あたりの間接コスト低減
・購入品の規模の経済による値下げ

 

生産規模が大きくなることで上記の効果が期待されます。

 

 

経験曲線とは「生産活動を続けることによって習熟が進み、製造コストが下がるという考え方」です。

 

時が経つことで作業者の習熟度は上がってきます。世の中でロボットによる自動化が進んでいるとは言え、まだ多くは人の手に頼っている部分が大きいです。

 

仮に機械に頼っていたとしても、機械の動きに無駄があるケースもあり、生産していく中で調整しながら少しずつ生産タクトを減らしていく活動が行われます。

 

 

コストリーダーシップ戦略のポイントとしては、あくまでも原価が下がっているということが重要です。

差別化戦略

差別化戦略とは「コスト以外のところで顧客へ価値を訴求する戦略のこと」です。

 

例えば、外食産業を例にとればファストフードやファミレスなどは規模の経済でコストを安くするビジネスモデルに対して、料亭ではその高級感を顧客に提供します。

 

規模によるコストメリットを追求できない分は、そういった付加価値を付けることで利益を確保していきます。

 

一般的には、以下のような差別化を行います。

 

・カメラ付き携帯など製品自体に新たな機能を追加する方法
・ブランド化による高級感や希少性を顧客に訴求する方法
・アフターサービス充実化や配送、設置無料など付加価値を追加する方法

集中戦略

集中戦略とは「特定のセグメントに経営資源を集中させる戦略のこと」です。

 

例えば、自動車を例にとると、大手メーカーはフルライナップに対して、それ以外のメーカーではそれぞれの個性を強く訴求します。

 

・スポーツタイプの車種に特化する
・軽自動車に特化する
・電気自動車に特化する
・ディーゼルなどの環境技術に特化する
・安全技術、自動運転技術に特化する

 

1つだけに特化するという事例も少ないですが、全てを網羅するわけではいくつかに特化して各社個性を持っています。

 

また、地域密着型のビジネスも集中戦略の一つです。

 

日本でも地域により慣習が異なりますし、国が違えばなおさら文化が異なります。当然、そこで求められるニーズも変わってくるので大手では手の届かいないところまで手厚いサービスを実施することで価値を訴求する方法もあります。

 

戦略別事例集

コストリーダーシップ

戦略

差別化戦略

集中戦略

アマゾン

GM

日産自動車

ホンダ

マクドナルド

ユニクロ

アップル

キーエンス

スターバックス

セブンイレブン

ソニー

ソフトバンク

ディズニー

任天堂

ホンダ

マイクロソフト

ユニクロ

アップル

GE

スズキ

セブンイレブン

日本電産

楽天

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
経営戦略とは 3つの基本戦略 成長マトリックス デルタモデル